140字「超」の経営学(アーカイブ)

ヘミングウェイ文学の全体像(付録①)

140字「超」の経営学(アーカイブ) 日本一短い経営学 最新情報

それでは、付録として、ここで取り上げた4つの作品における印象的なフレーズをまとめてみました。平易な英語で書かてれている原著にチャレンジしたくなるような、素敵なフレーズが多数含まれていることがわかります。 今回はこちらの2・・・

「選書のジレンマ」をどう考えるか

140字「超」の経営学(アーカイブ) 日本一短い経営学 最新情報

「本を選ぶ」作業は、未知の油田を探し当てる冒険とも言え、選択には深いジレンマが伴うことがある。本が本当に良書か否かは読んでみないとわからない。まさに油田探索がそうであるように、本選びにも同様の問題がつきまとう。 しかし、・・・

『読書について』(ショーペンハウアー)の概要と要約・感想

140字「超」の経営学(アーカイブ) 日本一短い経営学 最新情報

では、続いて、本日の課題図書『読書について』の紹介と、その要約と感想についてまとめておきたいと思います。 本書は、ショーペンハウアーの主著にして大著である『意志と表象としての世界』のオマケとして書かれた『余録と補遺』に収・・・

ショーペンハウアーについての基礎知識

140字「超」の経営学(アーカイブ) 日本一短い経営学 最新情報

本日の読書会(れっきとしたお仕事です! ある企業のご依頼で本日はファシリテータを努めさせていただきます)にあたり、ショーペンハウアーについてまとめてみた。 ニーチェの師匠…として認識してから、私は興味が出たなあ。主著『意・・・

ページの先頭へ