竹永亮さんの記事一覧

『恐れのない組織』で提唱される「失敗の3形態」

140字「超」の経営学(アーカイブ) 日本一短い経営学 最新情報

安倍首相銃撃・暗殺という衝撃的なニュースから10日あまりが経過した。 犯人は現行犯逮捕されたものの、その後、世論・マスコミ・警察では、各々 「真の犯人探し」 にやっきになっている感がある。 「SPは責務を果たしたのか?」・・・

『問いの作法』と『問いのデザイン』はコミュニケーションの原則論のテキストとしても価値あり

140字「超」の経営学(アーカイブ) 日本一短い経営学 最新情報

最近あまりビジネス書を読まなくなってしまったが、 『問いかけの作法 チームの魅力と才能を引き出す技術』 と 『問いのデザイン: 創造的対話のファシリテーション』 の2冊は、大いに感銘を受けた良書であった。この2冊は、それ・・・

庵野秀明のシン・シリーズの製品・市場マトリックス(成長ベクトル)分析

140字「超」の経営学(アーカイブ) 日本一短い経営学 最新情報

庵野秀明の「シン」シリーズを、アンゾフの製品・市場マトリックス(成長ベクトル)を使って、比較し、次回作『シン仮面ライダー』の方向性について予想してみたいと思います。 まず、マトリックスの縦軸と横軸ですが ● 縦軸:「市場・・・

『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?〜経営における「アート」と「サイエンス」〜』(山口周著 光文社)はなぜおもしろいのか?

140字「超」の経営学(アーカイブ)

我が国のビジネス・スクールでは一貫して、論理的に物事を考えることが優先され、多くのビジネス・パーソンは、ロジカル・シンキング(論理的思考)を学ぶことを推奨されてきました。ビジネス・スクールのみならず、企業研修でも、戦略論・・・

『鎌倉殿の13人』で学ぶイノベーション・ジレンマ

140字「超」の経営学(アーカイブ) 日本一短い経営学 最新情報

  『鎌倉殿の13人』…2週間ほど見ていなかったので、録画で視聴。 ようやくおもしろくなってきましたね。 しかし、八重姫…けっこう出番ありますね。ここまで八重姫に出番をもたせた治承・寿永の乱…すなわち、源平合戦・・・

幸福学&幸福論をテーマにサロンを開催

140字「超」の経営学(アーカイブ) 日本一短い経営学 最新情報

皆さん、こんにちは。今回はズバリ、「幸福」をテーマにサロンを開催いたしました。 前回開催したときには、どちらかというと、アラン、ヒルティ、ラッセルの『幸福論』、あるいは、前野幸福学についての話題が中心でしたが、今回はガラ・・・

雑談報告「コロナで変わる私達の価値観 〜ポスト資本主義とブルシットジョブ〜」

140字「超」の経営学(アーカイブ) 日本一短い経営学 最新情報

先日、「コロナで変わる私達の価値観 〜ポスト資本主義とブルシットジョブ〜」というテーマでサロンを開催しました。 今回は、初参加の方が多く、また、数年ぶりに参加してくださった懐かしい顔ぶれも多く、たいへん新鮮な印象でスター・・・

ページの先頭へ